【からっぽのいえ】

家をいつまでも守り続けるロボットの切ない物語。

 

今回紹介するゲームは、以前、本サイトでもレビュー記事を投稿したことのある
「ひとりぼっち惑星」の作者である「ところにょり」さんの次回作である
「からっぽのいえ」を紹介したいと思います。

「ひとりぼっち惑星」のときも、世界観やゲームシステムがすごくオリジナリティのあるもので
関心することばかりのゲームでした。

今回紹介する「からっぽのいえ」も世界観がすごく独特で、
でもちょっと切ない物語となっています。

このゲームの作者は基本、切ない物語が多いですが、今回の作品もとても
奥が深く、引き込まれる作品となっていますので、早速紹介していきたいとおもいます!

 

からっぽのいえとは?

人が誰も居なくなった家を、いつまでも守り続けているロボットがいるのです。

そのロボットの名は家庭用汎用性ロボット個体識別コード「RJ6388265」です。
「RJ6388265」は記憶媒体の容量に制限があります。
もとは家庭用汎用ロボットとして作られたため記憶媒体の容量はそれほど
多く必要ないものとしてロボットは作られました。

ロボットは家を守るために、家を増強しますが、
ロボットが家を強くする度にロボットの記憶媒体の容量制限があるので、
記憶を消すこととなります。

その代わりに、家を強くすることができます。

その消した記憶には、ロボットと家主との記憶も含まれているのです。

「からっぽのいえ」はそんな切ないロボットの記憶の物語です。

ロボットはこれまでどんな思い出を得て、どんな時間をおくってきたのでしょうか。

気がつくと引き込まれている、不思議な世界観が魅力のゲーム、それが「からっぽのいえ」です。

 

ゲームの進め方!

ゲームを開始すると、早速ロボットが人がいなくなった家をたった1人で守っています。

プレーヤーは空から襲って来る謎のギアのような?機械をタップして、ミサイルで迎撃しましょう。

画面左下にある数字は、一度にロックオンできる敵の数を示しています。
画面右下にある数字は、撃破した敵の数です。

空からやってくる敵は、たまに「部品」を落としてきます。
この部品がロボットに当たってしまうといままで貯めた「敵の撃破数」が減ります。
これは落としてきた「部品」1個につき、「敵の撃破数」が1体分減るので注意が必要です!

プレイヤーが何もしなくて放置していても、
ロボットが敵を破壊してくれますがなんせスピードが遅いので
プレーヤーがロックオンをしてロボットと共に戦って行きましょう。

また、ロボットが守っている家の上に「謎の電波」を発信できるボタンがあります。

これをタップすると30秒の間、敵の出現数が増えます。

このシステムは前作の「ひとりぼっち惑星」でも「謎の電波」ボタンがありましたので、
前作プレイしている方なら使い勝手はわかると思います。

敵がいっぱい現れました!

なるべく早く敵の撃破数を稼ぎたい時に使用することをオススメします。

さらにこのボタンの挙動ですが、30秒間の電波発信後に
数秒間だけ「▶」ボタンが現れます。これを押すとコマーシャル動画が再生されるのですが
その動画を見終わると、すぐにまた「謎の電波」ボタンを連続使用することが可能となります。

このコマーシャル動画を見なかった場合は、一度利用すると一定時間は使うことができなくなるので
注意が必要です。

このボタン押した後の流れは前作「ひとりぼっち惑星」を引き継いでいますね(笑)

「謎の電波」ボタンなどを上手く使って敵の撃破数を増やしていきましょう。

敵の撃破数が目標値に達すると真ん中のロボットが
四角の白線で囲まれますので、ロボットをタップしてみましょう!

 

ロボットの記憶を読んでみよう!

四角で囲まれたロボットをタップすると記憶の1つが震えています。

それをタップすると、その記憶の物語りを読むことができます。

物語りに出てくる「わたし」とは、
家庭用汎用性ロボットRJ6388265の補助OSのことです。

RJ6388265というロボットには二つの判断システムが存在しているのです。

1. ロボットらしい合理的な判断を司る制御システム(感情がないので曖昧な判断などはできない)
2. 人間的な判断から1のシステムを補う(人間の感情の曖昧な判断ができる)

この二つのシステムをゲームの中では

1を「RJ6388265」とし、
2を「わたし」と定義しています。

簡単にいうと、システム2の「わたし」がロボットの感情部分ということです。

私の説明が下手過ぎて理解できないかもしれません。ごめんなさい!
よくわからない人は適当にスルーして話を進めて行ったほうが後々わかってくるかもしれません!

ロボットRJ6388265に残されている記憶のデータと合わせて、
この感情の部分である「わたし」が物語をすすめてくれます。

 

家を増強するには記憶を消す必要がある…

謎の敵の襲撃から家を守るためには、家の増強が必要になってきます。

これには制御システムのアップデートが必要になります。

しかし、ロボットRJ6388265の記憶媒体の容量が不足しているため
記憶を一部削除しなければならないのです。

大事な思い出なのに、それを消さないと家の増強ができないだなんて
とっても悲しいですね・・・

しかし、記憶を消さなくては家を守ることはできないのです。

なんて残酷な選択なんだ・・・

仕方なく「する」を選択。

すると・・・

先程読めていた思い出のエピソードは消えてしまいただの0と1の羅列になってしまいます。

これら0と1の表記は、専門用語で2進数表記というのですが、もしかして、
この2進数表記を解読するとなにか書いてあるのかもしれないですね?

そして、消えた思い出は二度と読むことはできません。

悲しい。何度も読み返したい場合は、削除を「しない」を選択して何度も何度も
読み直してください。

そして脳裏に焼き付けたら・・・

削除してゲームを進めましょう(T_T)

削除をしないと次のストーリーを読み進めないようになっているのです。

鬼だ!

悲しいながらも記憶を削除して家を増強すると、敵を一度にロックオンできる数が増えます。

さらに次の記憶の物語を読むために破壊しなければならない敵の数も増えます。

家を守り続けるためには、ロボットRJ6388265の記憶を消していかなければなりません。

 

「からっぽのいえ」はこのようにしてゲームを進めて行きます。

記憶(思い出)をなくしていくロボットが確かにそこに存在しているのです。

そして、お父さんとその娘みっちゃんとともに過ごしたかけがえのない思い出が、
ロボットRJ6388265の感情部分である「わたし」の視点で語られていくのです。

これがまた不思議なことに暖かくもあり、ロボットの切ない物語を綴ったお話なのです。

 

では、最後に感想で〆たいと思います。

 

感想

前作の「ひとりぼっち惑星」がとてもおもしろくて深くハマり込める作品でした。

「からっぽのいえ」も、前作と同じような独特な世界観とゲームシステムを持ち合わせており
これまた、すごく引き込まれていってしまい、トントン拍子で最後までプレイしてしましました。

このゲームの最大の特徴として、
「大切なものを守るために、大切な人の記憶を消す」というのが挙げられます。

こんなの普通の人なら思いつかないですし、これを思いついた作者はホントすごい
ストーリーを思いつくなぁと関心しました。

私もゲームプレイ中に「大切なモノ」と「大切な記憶」ならどちらを選択するのだろうか。
などと考えながらプレイさせれたものです。

そして、全ての記憶を消してまでも家を守り続ける、
ロボットRJ6388265に関しては、涙無しでは物語が進められないです。

本当に悲しくも感動するストーリーでした。

私的には、ハッピーエンドで終わる作品の方が好きなのですが、
本作のような切ない終わり方する作品も「からっぽのいえ」だからこそ
許せる!と思えるゲームでした!

ロボットの切なくも感動するストーリーを是非自分の目で読み進めて見てください。

このゲームの世界観は実際にプレイしてみないとわからないものがあります!

作者である「ところにょり」さんのゲーム、世界観やシナリオ、更にBGMも私大好きです!

これからも応援したいと思います!

では、本日はこのへんで!ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

banananan

初めまして。Recommended App運営者のバナナナです。当運営ブログでは今流行りのアプリからオススメアプリまで様々なアプリを紹介しています。

コメントを残す